自己実現

自己啓発がうまくいかないヒトへ:自己実現のキッカケ その1

自己啓発がうまくいかないヒトへ:自己実現のキッカケ その1

[br num="1"]

[char no="1" char="フクコ"]こんにちは!
福を呼びこむフクロウ女子、

パラレルワーカー&めざせデータサイエンティスト! 

フクコ です。[/char]

フクコのプロフィール画像

[br num="1"]

突然ですが、

あなたは今一番やりたくないコト

関わりたくないなーと思うコト

ってありますか? 

嫌いなコトでも

嫌いな食べ物でも、何でもいいです。

[br num="1"]

誰でも嫌なコトの1つや2つ、

あると思います。

あなたが一番やりたくないコトですから、

考えたくもないコトの方が多いでしょう。

でもその一番やりたくないコトが、

逆に、

あなたの今一番の悩みを解決する糸口になっている可能性大だ

としたら、どうします?

やっぱり、やりたくないでしょうか?

[br num="1"]

今回は、

「あなたが一番やりたくないコトの中に、

実はお宝が潜んでいるかも」ということを、

私自身の実例をふまえて

フクコ的にお話していきたいと思います。(^^)

[br num="1"]

今回は↓の思いを抱えている方に

特に、読んでいただきたい

内容になっています。

[br num="1"]

1.「自己啓発」系の本はいろいろ読んだけど、別に何も変わらなかったヒト
2.「自己啓発」を実践してみたけど、上手くいかなかったヒト

3.「自己啓発」なんてむしろ、インチキでしょと思っているヒト

[br num="1"]

[br num="1"]

現在、自己啓発がブームな日本。

[br num="1"]

日本では

2000年代のスピリチュアルブームから始まり

最近さらに自己啓発が

とっても流行ってますよね。

大富豪や実業家の成功の法則とか、

名だたる成功者たちの成功までの自叙伝とか、

読めば、ナルホド、ナルホド。

ごもっともなことが書いてあり

成功者たちのありがたーいお言葉を受け

彼らの言うことをいろいろ実践してみたコト

あるヒトも多いと思います。

[br num="1"]

でも現状は変わらないヒトが多い。

[br num="1"]

なんですが!

けっきょく、それでも現状が変わらないヒトが多いですよね?(>-<)

フクコも散々いろんな自己啓発本を読み漁りましたが

正直、ぜーんぜん現状なんて変わらなかったですよ。(苦笑)

そう、読んだだけはやっぱり変わりません。

とにかく、やってみる!それっきゃない!!(笑)(>-<)

で、

やってみるコトも、とにかく自分が今までやったことないコト!!

コレっきゃない!!(笑)(>-<)

なぜなら、今と同じ行動では、

そりゃー、毎日代わり映えのない日々が

ずーっと続くに決まっている、からです。

[br num="1"]

自分が心理的にイヤがってるコト、試しにやってみたらどうなる?

[br num="1"]

ということで、

フクコは考えました。

じゃあ、あえて自分が心理的にイヤだと思っているコト

やってみよう、と。

[br num="1"]

私は、昔から下記の2つのことが大嫌いでした。

 

1.人の注目を浴びること。

2.野菜を食べること。

 

他にも嫌いなことはありますが、

この2つは私の中で断トツに大嫌いなコトでした。(笑)

[br num="1"]

1のヒトの注目を浴びるの中には、

例えば、

レストランに予約するという大したこともない1対1の電話での会話から、

会社で不特定多数にプレゼンをするまで、

いろいろ入っています。

一時期はお店の店員に話しかけられるのも嫌な時もありました。笑 

とにかく誰かの注目を、一人からでも浴びるのが本当にイヤだったのです。

そんな私のモットーは、

「地味でいい。平凡に生きたい。皆、私のコトは放っておいて。」

でした。(苦笑)

外資系企業で働いておいて何を言う、

と言われそうですが。(苦笑)

目立たなくても、案外やっていけます。

他のヒトが代わりに目立ってくれるので。

だから、私は大丈夫なのです。エッヘン。(・∀・)

・・・

ハイ、自慢話にはなりませんね。スミマセン。(笑)

[br num="1"]

続いて、2の方は、

私は昔から野菜がキライで、

料理上手な母が手を変え品を変えて、

いろいろと野菜料理を作って食べさせてくれても、

ゼッタイに野菜を食べることはなく、

何かの付け合わせの時にちょこっと食べるぐらいで、

野菜をそのまま食べるようなサラダは本当にキライでした。(>-<)

野菜しか食べないようなベジタリアンの人たちを、

よくからかい半分でウサギのヒト達(ゴメンナサイ 苦笑)と言ってたくらい、

自分とは違うもので、

私は一生野菜なんか好きにならないと本気で思っていました。

[br num="1"]

…なんですが!

ふとしたことがきっかけで、

両方とも大丈夫になり、

さらに、

そこから、自分の現状が一気にガラッと変わりました。(^^)

順を追ってご説明しますね!!

[br num="1"]

フクコが心理的にイヤがってるコト、試しにやってみたらこうなった。

[br num="1"]
まず、

1.人の注目を浴びること。
[br num="1"]

これをどうしたかなんですが、

私の答えは、

ジャズボーカルをはじめた、です。(^^)

[br num="1"]

は!?と思われるかもしれません。(笑)

私の周囲も、

急に今まで音楽に縁のなかった私が、

ボーカルはじめます、で

しかもジャンルはポップスではなく、

あえてそれよりも難易度の高いジャズではじめたので、

まあびっくりしてました。(笑)

[br num="1"]

皆、「急にどうしたの?大丈夫なの?」とまあ、

いつもは私が落ち込んでいても心配してこないのですが、

逆に心配されたのを今でもよく覚えています。(笑)

[br num="1"]

もともとジャズ自体は大好きで、

わざわざライブに行くぐらい大好きなんですが、

ボーカルというと

ご存知の通り、めちゃくちゃフロント担当です!(笑)

バンドの中でやっぱり一番目立ちますし、

MCもしなくてはいけないので、

「えー、目立ちたくない。モジモジ…」(>-<)

なんてもちろん言ってられません。(笑)

そんなやつは追い出されてしまいます。

というか、

それならボーカルやるなと言われてしまいますよね。

[br num="1"]

正直、初めてのジャズライブで歌った時は、

皆からの注目で(そりゃあ、私の方を皆見ますよね 笑)、

超汗だらだら、

手は震える、

何とか歌詞こそ間違えなかったものの、

テンポがずれたり、

声が裏返ったりと、

バンドの方に大変迷惑をかけてしまい、

散々だったんです。(>-<)

でも終わった後の、

心地良さ。

今まで味わったことのない、

充実感や達成感を肌で感じることが出来ました。(^^)

[br num="1"]

そして、その後思ったんです。

せっかく来てくれたお客様に、

何故私はベストなパフォーマンスをお見せすることが出来なかったのか、と。

なんだかとてもとても悔しくて、

もっと練習しないといけないと思ったのと同時に、

人に注目されているぐらいで緊張していたら、

絶対ベストなパフォーマンスなんて出せない。

そして、ジャズライブの場合、

テンポでも歌詞でも間違えると、

一発勝負なので訂正できないですが、

逆に、普通に相手と会話したり、

会社でのプレゼンをする場合は、

いつでも訂正できるし、

自分で流れ(テンポ)を変えることもできる。

[br num="1"]

このジャズボーカルの体験から、

私が苦手な「人に注目されるということ」

実は私が思っていたよりも、ハードルが低い、

とその時、心からそう思ったんです。

そんな風に思えるようになったら、

アラ、不思議!

それからは、人に注目されるのが大丈夫になりました。(^^) 

逆に、

人に注目されるのに日頃から慣れることで、

緊張せずにベストなパフォーマンスができるように、

自分から人に話しかけてみたり、

仕事でプレゼンテーションを

自発的に引き受けたりしはじめるようにもなりました。

[br num="1"]

そうすると、

周囲の私への評価も変わり、

最終的には300人もの人たちが集まる場でプレゼンをする機会も与えられ、

昔の私では絶対にありえない人数の中で、

全然緊張せず、むしろ私のプレゼンを聞いてください的な攻めの姿勢(笑)で

話すことが出来ました。(^^)

[br num="1"]

次に、2.野菜を食べることなんですが、

ちょっと長くなってきたのでその2に続きますー。

最後までお読みいただき

どうもありがとうございます!!
[br num="2"]

パラレルワーカー&めざせデータサイエンティスト! 

フクコ 

フクコのプロフィール画像

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
アバター

フクコ

現役パラレルワーカー(外資系経理x投資xネットビジネス)■主な投資:インデックス投資、FX、仮想通貨 ■分析やまとめるのが好き■文系AI人材になる勉強中➡G検定合格➡現在E資格勉強中■ゆるベジタリアン

-自己実現
-, ,

© 2021 フクコのオールハッピーで行こう!